Plasma-Safe-SeqS技術を用いたがん由来DNAの遺伝子変異を検出する超高感度NGS解析受託アッセイサービス

SafeSEQ 研究用

Plasma-Safe-SeqS技術とは?

2013年9月24日、個別化医療の領域への本格参入に向けて、血液中に流れるがん由来DNA(ctDNA)の遺伝子変異検出技術を有するSysmex Inostics社が新たにシスメックスの仲間となりました。

SafeSEQは、Johns Hopkins大学からライセンスを受けたPlasma-Safe-SeqS技術を用いて、シスメックスにて開発された研究用受託アッセイサービスです。DNA分子バーコード法を用いることでNGSの読み取りエラーを防ぐことが可能であり、NGSによる検出感度を従来の方法よりも10倍以上改善することができます。

従来のNGS測定技術では読み取りエラーが課題となっていました。PCR反応やNGS読み取りの過程で入ってしまうエラーがサンプル中に低頻度で含まれる『真の変異』と区別できなくなってしまうためです。

この課題を克服したのが、Plasma-Safe-SeqS技術です。

ctDNA1分子それぞれに対して、個々に異なったバーコード配列(UID)を付加します。
これにより、PCRエラーやNGSの読み取りエラーが発生した場合でも、各リードについてUIDごとに解析を行うことで、配列読み取り後にエラーと『真の変異』を見分けることが可能になりました。

詳しくは、Sysmex Inostics社ページへ

特長

1.高感度

一般的なNGSによるがん由来DNAの遺伝子変異検出感度と比較して高い感度を有しており、95%の検出率でMAF(Mutant allele frequency)0.05%の変異を検出できます。

2.疾患別パネル

頭頚部がん、大腸がん、乳がんに最適なパネルをご用意しています。

3.多様なサンプルに対応可能
血漿, 腫瘍組織/FFPE, 細胞診由来のDNAサンプルなどに対応しています。
4.カスタムパネル開発
ご要望に応じてカスタムパネル開発が可能です。お問い合わせフォームよりご相談下さい。

関連文献

  • KindeI et al. (2011) : Detection and quantification of rare mutations with massively parallel sequencing. Proc Natl Acad Sci USA.108(23):9530–5.

※SafeSEQは研究用であり、診断には使用できません

関連資料

先頭に戻る