ロータージーン Q MDx 5plex HRM

ロータージーン Q MDx 5plex HRM リアルタイムPCR装置

高い温度性能で迅速かつ正確に結果を提供

リアルタイムPCR 装置“ロータージーンQ MDx 5plex HRM”は、画期的な“遠心エアコントロール方式”を採用することで優れたパフォーマンスを実現し、あらゆる臨床検査の解析法に対応します。

遠心エアコントロール方式を採用したロータージーンQ MDx 5plex HRM は、市販されているこれまでのリアルタイムPCR 装置の中で精密性と機能性に富んでいます(図1)。遠心エアコントロール方式では、サンプルローターが常に遠心されていることにより、反応サンプル間の温度均一性を高く保持します(± 0.02℃)。また、全てのサンプルチューブが光源と検出器間の一定の光路上を通過し、サンプル間で光路長の差がないため、解析のために補正を行なう必要がありません。このような遠心エアコントロール方式では、従来のブロック型装置で問題とされたサンプル間のばらつきやエッジ効果を排除することができます。

  • ウェル間の温度均一性が± 0.02℃以下
  • 均一な検出により、ROXのようなリファレンス色素が不要
  • 高速な加熱・冷却機構によるランニング時間の短縮
  • 高い感度と再現性
  • フリーライセンスおよび個々のユーザー管理機能
  • 全ての結果ファイルにデジタル署名を追加可能
  • アッセイファイルへの変更を追跡するための監査証跡
  • 様々なレポートおよびエクスポート機能
  • バリデーションの際に有用な Raw Data のエクスポート機能

図1. ロータージーンQ MDx 5plex HRM の断面図
遠心エアコントロールによりエアチャンバー内の迅速な加熱/冷却を実現する。チューブは遠心により150 ミリ秒ごとに励起/検出の光路を通過するため、高速なデータ収集が可能である。6 種類のLED 光源は、6 種類の異なる検出フィルターおよび高感度な光電子倍増管検出器(PMT)と組み合わせて使用できる。

ロータージーン Q MDx 5plex HRMの性能仕様

蛍光検出用チャンネル

チャンネル 励起波長(nm) 検出波長(nm) 検出可能な蛍光色素の例
Green 470 ± 10 510 ± 5 FAMTM、SYBR® Green I、 Fluorescein、EvaGreen、Alexa Fluor® 488
Yellow 530 ± 5 557 ± 5 JOETM、VIC©、HEX、TET、CAL FluorTM Gold 540、Yakima Yellow
Orange 585 ± 5 610 ± 5 ROXTM、CAL Fluor Red 610、Cy®3.5、Texas Red、Alexa Fluor 568
Red 625 ± 5 660 ± 10 Cy5、QuasarTM 670、LightCycler® Red640、Alexa Fluor 633
Crimson 680 ± 5 712 high pass Quasar 705、LightCycler Red705、Alexa Fluor 680
HRM 460 ± 20 510 ± 5 SYBR Green I、SYTO9、LC Green、LC Green Plus+、EvaGreen

仕様

サイズ(W x D x H) 370 x 420 x 286 mm、12.5 kg
温度性能 温度均一性:± 0.02℃
温度精度:± 0.5℃
温度分解能:± 0.02℃
温度制御範囲:35 ~ 99℃
温度平衡化時間:0 秒
光学システム 6つの独立チャンネル(460 ~ 680 nm 励起、510 ~ 750 nm 検出)
固定した光学経路、チャンネルごとに独立した強力な励起LED と検出フィルター
Gain(感度)のセッティング(感度コントロール)が可能な高感度光電子倍増管(PMT)
ダイナミックレンジ:1010(アッセイに依存)
ローターおよびウェル形状 0.1 ml Strip Tubes:0.1 ml x 72 ウェル、推奨反応容量20 ~ 50 μl
PCR チューブ0.2 ml:0.2 ml x 36 ウェル、推奨反応容量20 ~ 50 μl
電源 100 ~ 240 V AC、50/60 Hz;520 V(peak)

関連資料

先頭に戻る