高感度Digital PCR法

BEAMing法

BEAMing法とは?

2013年9月24日、個別化医療の領域への本格参入に向けて、血液中に流れるがん由来DNAの遺伝子変異検出技術を有するSysmex Inostics社が新たにシスメックスの仲間となりました。
高感度Digital PCR法“BEAMing法”により血中の微量循環腫瘍DNA(circulating tumor DNA)の検出が可能となり、がん患者の治療薬選択、治療効果モニタリングといった臨床有用性を示すエビデンスが蓄積されつつあります。今後、BEAMing法を用いることにより、リキッドバイオプシーに対するコンパニオン診断薬の早期確立を目指します。

高感度Digital PCR法 “BEAMing法”

油中水滴エマルジョン中に磁気ビーズとDNAフラグメントコピーを1:1に封入し、PCRを行うことにより、高感度な遺伝子検出を可能とするものです。これまでに、多くのアカデミアや製薬企業との共同研究により、がん患者の治療選択のみならず、手術後の再発モニタリングや治療薬抵抗性の早期確認においてもその臨床有用性が示唆されています。

詳しくは、Sysmex Inostics社ページへ

関連資料

先頭に戻る