What’s New

更新情報 2018/11/28(水)
2018年11月29日(木)より、HI-1000による研究受託サービスを開始いたします。
詳細は「HI-1000による研究受託サービス」のページを開設いたしましたので、どうぞご覧ください。
更新情報 2018/11/06(火)
血中循環腫瘍DNAのKRAS変異を解析する受託アッセイサービス(研究用)OncoBEAMTM KRASについて、CEA等の腫瘍マーカーに対する膵臓癌における有用性がAnnals of Oncology誌に掲載されました。OncoBEAMTM KRASはSysmex Inostics社にて受注可能です。詳細はリンク先のプレスリリースよりご覧ください。
「お問い合わせ先」 電話番号:078-992-7221、メール:
学会情報 2018/10/22(月)
11月23日(金)~24日(土)に大阪府大阪市「大阪国際会議場(グランキューブ大阪)」で行われる『第28回日本乳癌検診学会学術総会』に協賛します。共催のランチョンセミナーでは『乳癌個別化医療を目指した遺伝子発現解析(95GC/42GC/155GC)及びHRD解析』に関する講演を予定しております。ご興味のある方はぜひお越しください。
学会情報 2018/09/07(金)
10月18日(木)~20日(土)に神奈川県横浜市「パシフィコ横浜」で行われる『第56回日本癌治療学会学術集会』に協賛します。共催のランチョンセミナーでは『がんゲノム医療実現に向けた取り組みと課題』と題した講演を予定しております。ご興味のある方はぜひお越しください。
学会情報 2018/09/07(金)
9月27日(木)~29日(土)に大阪府大阪市「大阪国際会議場」「リーガロイヤルホテル大阪」で行われる『第77回日本癌学会学術総会』に出展します。ぜひシスメックスブースにお立ち寄りください。なお28日(金)に行われる共催のランチョンセミナーでは『Digital Genomics applied to Liquid Biopsies』と題した講演を予定しております。ご興味のある方はぜひお越しください。

Products & Service製品・サービス

More

手術中にリンパ節転移を調べることで、患者さんのQOLを考慮した切除範囲の決定に有用

More

リンパ節転移を測定することで、術後の正確な病期診断と治療方針決定に役立つと期待

More

手術中にリンパ節転移を調べることで、患者さんの負担を考慮した縮小手術の方針決定に貢献

More

手術中にリンパ節転移を調べることで、患者さんのQOL向上を考慮した縮小手術の方針決定に貢献

乳がんの予後に関連する遺伝子の発現量を測定する受託解析サービス

More

がん組織中での標的分子の遺伝子発現量を調べるコンパニオン診断薬と測定装置

More

薬物代謝遺伝子解析、遺伝子発現解析、SNP解析などの臨床研究を支援するDNAマイクロアレイ

血液中に流れるがん由来DNAの遺伝子変異を検出し、治療効果の確認や治療法の選択に役立つ高感度Digital PCR 解析受託サービス

遺伝子測定の標準化に向けて完全自動化を可能にした遺伝子測定装置

More

免疫複合体転移法を搭載したフルオートイノムアッセイシステムで研究を促進する、研究用全自動高感度免疫測定装置HI-1000を使用した研究受託サービス

OSNA™製品情報「OSNA™法って何?」
先頭に戻る

Columnコラム

Sysmex Theranostics Report
Report vol.2
直居 靖人 先生
大阪大学大学院医学系研究科
乳腺内分泌外科 医学部内講師
シスメックスのライフサイエンス事業